えひめ医療生協

ホーム  > 健康づくり・明るいまちづくり > 健康づくりのプログラム

健康づくりのプログラム

はじめに

愛媛医療生協では「地域まるごと健康づくり」「明るいまちづくり」「1支部1福祉1保健活動」など、さまざまな呼びかけをしています。
これらは、一人ひとりの組合員さんが安心して楽しく健康的に暮らせるためのキーワードです。
長引く不況、医療・社会保障の改悪の嵐の中で、私たちが私たちの地域でいかに自らの「こうなったらいいな」を実現するかの問いかけです。
組合員が地域で活発に健康づくりを正面にすえ、いろんな要求をだしあって健康で長生きをテーマにすすめていける、そんな組織です。

TOPへ戻る

1.班とは?

(1)地域組合員が3人(同一世帯外)以上あつまり
(2)年1回以上の班会開催 (年6回以上が目標、毎月開催の班もあります)
(3)班長「班の窓口・班のまとめ役)を決めれば愛媛医療生協の班です。

組合員は、3名集まれば班会ができます。 健康で楽しい、豊かな生活を送りたい。
これはみんなの願いです。 班はそういう取り組みの基礎単位です。

班会では、健康チェックを実施し、健康づくりを実施しています。
内容は、組合員さんの要求に沿った内容に医療従事者(医師・看護師・保健師・管理栄養士・検査技師等)が出向き実施しています。
また、医療生協でおすすめしている、健康づくり健診問診表の記入や健康ファイルを提案しています。
また、班では、年に一度は健診をうけ、自身の健康づくりに役立ています。

TOPへ戻る

★健康づくり健診問診表の内容★

1)構成

健康づくり健診の問診票は健診受診者全ての人に実施します。
・65才未満の受診者...医療生協の健康づくり健診の問診票と2008年度開始される特定健診の問診票を合わせて実施します。
・65才以上の受診者...健康づくり健診の問診票に加え介護予診問診票(基本チェックリスト)を合わせて実施します。

2)医療生協の健康づくり健診の問診票

主観的健康度から労働生活環境まで6つの項目に分けられ問診されます。
(1)主観的健康度
自分の健康度を主観的に判断してください。自らの健康度が高まるとよいですね。
(2)健康増進の生活習慣
レーダーチャート化しましたので良いところ悪いところが一目瞭然です。
「健康づくり目標」を立て改善に取り組んでください。
(3)心臓・肺・体力
身体の病気について尋ねます。気になるところがあれば、受診しましょう。
(4)認知力
認知症の早期症状を調べます。家族や職場の同僚に尋ねてみるのもよいでしょう。
(5)心の健康
精神疲労症状を尋ねています。当てはまるところがあれば、肉体的精神的にストレスが過剰となっている可能性があります。見直す機会としましょう。
(6)労働生活環境
生計も安定し、いきいきと働き生活できているかを聞いています。個人の問題とせず、職場の改善、地域の改善、生計の安定に向けて専門家も加わって手だてを考えましょう。
(7)治療中の病気はありますか。
動脈硬化性疾患以外は手書きで記入してください。
(8)いままで罹った病気がありますか。
思い当たる病気を記入してください。

3)特定健診問診票

医療生協の問診票と重なりますが、特定保健指導のための問診票です。メタボリックシンドロームの予防・改善をめざしたものです。

4)介護予防問診票(基本チェックリスト)

65歳以上を対象とした介護予防のための問診票です。目的は介護保険の要支援者を選別するために考えられましたが、医療生協の健康づくりをすすめる上でも参考になります。

5)問診票結果表

パソコンにデータを打ち込むと自動でレーダーチャート化し、問診結果に連動して、メッセージやおすすめの健康づくりのお知らせなども印字されます。班や職場などで行えば、班全体や職場の健康状況が集計でき、班づくり、職場づくりの参考になるでしょう。
専用の用紙を使えば問診票だけで健康チェックもできます。ぜひ、利用しましょう。自分でグラフを作成できます。

6)エビデンスづくり

問診票結果を経年的、あるいは地域別、職場別などに集約し分析することをエビデンスづくりと称します。これによって、健康づくり健診、健康づくりを成果のあるものに高めることができます。ぜひ、皆さん、エビデンスづくりに取り組みましょう。
40歳から65歳未満の問診表・65歳以上の問診表参照

TOPへ戻る

★健康ファイル★

「健康ファイル」とは、自分の体や健康に関する情報を綴じたファイルです。
健康ファイルづくりは、自分が健康づくりの主人公になるために、自分の体や健康に関する情報を一つにまとめることから始めます。
  自ら積極的に健康づくりにとりくむためには、目標を決め、目標達成のための具体的な行動の計画を立てて実行を記録していきます。

この整理された健康ファイルは、入院や福祉のサービスを受ける時や救急の際に、個人の情報として役立ちます。  医療生協の事業の特徴をつくる5つのとりくみのひとつである「健康ファイル」づくり。 専門家の職員や支部の健康づくり委員と力をあわせて、ファイルの中身を充実させ目的をもった医療生協らしい健康づくりを進めていきましょう。


TOPへ戻る

★健診から健康づくりを★

班では、年に一度健診をうけ、自身の健康づくりに役立てています。
今年度から、特定健診・特定保健指導が実施されています。
受診券をとりよせて、健診をうけましょう。
健診結果からの健康づくりは以下の通りです。健康づくりにお役立てください。

生協ブロック

生活習慣病教室開催
問い合わせ先 松山市来住町1091-1
組織部 電話(089)976-5638

泉川ブロック

レインボー体操
愛媛医療生協・泉川ブロックでは、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や転倒の予防と健康づくりのために、組合員が気軽に参加できる健康体操教室を開催しています。
ぜひ、あなたも体操教室に参加して健康づくりを始めませんか。

■泉川教室:第2・4木曜日(瀬戸会館)
●13:30~初級コース   ●14:30~中級コース

■中萩大生院教室:第1・3金曜日13:30~(中萩公民館)

■角野教室:第4金曜日10:00~(北内自治会館)

■内容:ストレッチング、バランスボール、エアロビックダンス、筋力トレなど
■会費:2,000円(年間)
■参加資格:医療生協組合員及びその家族
■申込先:申込書にご記入の上、お近くの支部役員か泉川診療所まで
■指導:伊藤朱美(運動インストラクター・医療生協)
末田真志(健康運動指導士・泉川診療所)
高橋知子(エアロビックダンスインストラクター・フリー)
   竹内大輔(健康運動指導士・愛媛生協病院)
千葉千津子(ヨガインストラクター・フリー)
  ○連絡先:泉川診療所(担当/末田 TEL:41-6110)

城北ブロック

健康づくり教室
■問い合わせ先  
松山市姫原3丁目7-17 城北診療所
組織部(089)926-3625

 

曜日
健康づくり 時間 会費
火曜日 さわやか体操
10:00-11:30 500円
水曜日 ヨガ 10:00-11:00 500円
木曜日 歩っとウォーキング 11:00-11:30 無料

TOPへ戻る

健康チェック・保健講座のとりくみ

愛媛医療生協では、地域まるごと健康づくりを実践しています。
地域へでかけ、スーパーの店頭をおかりし、血圧・尿チェック・体組成検査を行っています。無料ですので、ぜひ、ご参加ください。

青空健康チェックのお問い合わせ

松山市→ 松山市来住町1091-1
  愛媛生協病院 組織部 (089)976-5638
松山市→ 松山市姫原3丁目7-17
  城北診療所 組織部(089)926-3625
伊予市→ 伊予市米湊816-1
  伊予診療所 組織部 (089)982-1170
新居浜市→ 新居浜市若水町1-7-45
  新居浜協立病院 組織部(0897)36-3671
新居浜市→ 新居浜市瀬戸町1-2
  泉川診療所 (0897)41-6110
四国中央市→ 四国中央市寒川町2912-1
 生協宇摩診療所 (0896)25-0114

 

新着情報

  • 2010年 9月13日
    2010年 愛媛高齢者大会
  • 2008年 9月22日
    健康づくりのプログラムを更新しました。

組合支部のご案内

ウォーキング


TOPへ戻る