えひめ医療生協

ホーム  > 健康づくり・明るいまちづくり > 8つの生活習慣・2つの健康指標

組合員の保健予防活動としての「健康習慣」

8つの生活習慣・2つの健康指標

1997年度から医療生協が推進している健康習慣です。病気の原因を除く一次予防から一歩進んで、病気になる前に生活習慣をあらため、健康を増進する具体的な指針としています。2005年度に改定し、健康指標もより科学的な内容に改定しました。

健康増進の生活習慣

1. 生活リズムを整え快適な睡眠をとる

1) 一日7~8時間眠る

2. 心身の過労を避け、充分な休養をとる

1) 11時間以上の長時間労働の連続を避ける
2) 週一日は休養をとり、肉体的および精神的疲労を回復する
3) 余暇を楽しみストレスをためない

3. 禁煙にとりくむ

1) 禁煙を実行する
2) 喫煙の害を学んで知らせる

4. 過度の飲酒をしない

1) 一日、日本酒1合(またはビール中ビン1本)以内をまもる
2) 週2日、酒を飲まない日をつくる

5. 適度な運動を定期的につづける

1) 週3日、30分以上適度の運動をつづける
2) よく歩き、ストレッチ、筋力アップにとりくむ

6. 低塩分、低脂肪のバランスのよい食事をとる

1) 塩分8g/日以下を目標に、家族ぐるみでとりくむ
2) 低脂肪を基本に、バランスのよい食事をとる

7. 間食せず、朝食をとる規則正しい食生活

1) 夜食など間食をしない
2) 朝食を毎日とり、規則正しい食事生活をする
3) 家族や友人との楽しい食事の機会を増やす

8. 一日1回以上よごれを落としきる歯みがきをする

1) 正しい歯のみがき方を身につける
2) よく噛んで食べる

TOPへ戻る

健康指標

1. 適正体重、適正体脂肪、適正腹囲を維持する

1) BMIが18.5~25の適正体重を維持する
  BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)
2) 体脂肪率は男性25%未満、女性30%未満を維持する
3) 腹囲は男性85cm未満、女性90cm未満を維持する

2. 適正な血圧をめざす

1) 安静時血圧は最高130、最低85mmHg未満をめざす
2) 年一回健診をうけ、全身チェックをおこなう

新着情報

  • 2010年 9月13日
    2010年 愛媛高齢者大会
  • 2008年 9月22日
    健康づくりのプログラムを更新しました。

組合支部のご案内

ウォーキング


TOPへ戻る